一人暮らしなのにウォーターサーバーを利用し始めた理由

ウォーターサーバー 比較 一人暮らしなのにウォーターサーバーを利用し始めた理由

一人暮らしなのにウォーターサーバーを利用し始めた理由

私の故郷は地下水を水道水として使っていたのでとても美味しく、水道水を飲むのが普通でした。

 

ところが就職のために他県に越してきたら、水のまずさに驚きました。

 

歯を磨いた後に水道水ですすぐだけでも何だか変な臭いがします。

 

しばらくは飲み水だけはミネラルウォーターを買っていたのですが、かなりお金もかかるのでウォーターサーバーを使ってみることにしました。

 

ウォーターサーバーなんて贅沢かなとも思ったのですが、どうしても水の味に慣れません。

 

特に夏は嫌な臭いがします。

 

狭い部屋なのでウォーターサーバーが置けるかどうか心配だったのですが、スリムタイプが増えているようなので大丈夫でした。

 

卓上タイプもあるくらいで、やはり住居が狭い日本ではサイズがどんどん小さくなるのだなと思います。

 

ウォーターサーバー選びで一番こだわったのは、やはり味です。

 

ウォーターサーバーの水は天然水と電気分解した水の2種類がありますが、地下水の美味しさを知っているのでやはり天然水を選びたいと思いました。

 

家にいないことも多いので、宅配便で届けてくれるところを探したら、ぴったりのウォーターサーバーが見つかりました。

 

毎日美味しい水を飲めるようになって満足です。

 

故郷にいる時には水が美味しいなんて当たり前と思っていましたが、これってかなり大切なことだと思います。

 


ウォーターサーバーの転機になった大震災

 

ウォーターサーバーは多くの人が一度設置すると、もう手放せなくなると感じるほど気に入ってしまう人たちがかなりいます。

 

それだけ満足度が高いということなのですが、元々じわじわとCMや宣伝なので認知されるようになってきたウォーターサーバーですので、拡大はしているのですが、ここ数年で転機になったのはやはり東日本大震災であり、原発事故により放射能の汚染ということが問題になってから、水道の水も安全ではなくなったということが報道されてから、急にウォーターサーバーを設置する人たちが増えてきました。

 

特に小さなお子さんがいる場合には、そのような飲む水が汚染されているということが起これば、子供の成長にどのような影響が出るのかわかりませんのでとても不安になります。

 

とりあえず安全な水を購入したほうがよいという心理が働き、身近なウォーターサーバーを設置するようになったのです。

 

水を買うといっても重たいし、毎回ペットボトルで購入するとなるとゴミもかなりのものになりますので、ウォーターサーバーそしてリターナルボトルであれば、ゴミが出ないということで地球環境にもとてもよいということが評判なのです。

 

ウォーターサーバーの水は安全であるということが多く人に支持されているのです。